【投資】12月第1週ポートフォリオ【投資信託 ETF】

こんにちは、おむすびです。

キャッシュポジションが低いのにやってしまいました。
考えに考えた結果…

「iFreeレバレッジ FANG+」を買い付けました!
NASDAQ100と保有銘柄ほぼ一緒やん!?

だってFANG+って名前がなんか儲かりそうじゃないですか!!(笑)

新規買い付け

買い付けに至る理由

今回は本当に悩みました、保有銘柄も被るし追加で買い付ける必要があるのか。

ネット情報などで、これからセクターローテーションが起こる、既に起き始めていると声高に情報発信されていますが、本当にGAFAMはもう伸びないのでしょうか?

ほんまに!?

GAFAMの合計時価総額は東証2170社の時価総額を超えているんですよ?

アメリカの株価を牽引しているこれらの企業がアフターコロナで伸びない?逆にこれから伸びるんちゃうの?
こんな巨大企業がそうそう廃れないでしょ?
と言った理由でFANG+を買い付けてしまいました。。。

そしてFANG+インデックスと一緒にに定期買い付けも!
やっぱりレバレッジ商品だけって怖いじゃないですか(笑)

FANG+とは

「FANG」は、フェイスブックのF、アマゾンドットコムのA、ネットフリックスのN、グーグルのG(上場企業名はアルファベットです)を繋げた略語です。インターネットの各カテゴリーで世界トップ企業であることから、高成長が期待できる代表的な米国企業としてまとめられました。

「NYSE FANG+指数」はこの「FANG」に、情報発信ツールのツイッター、iPhoneのアップル、半導体のエヌビディア、電気自動車メーカーのテスラ、中国ネット通販のアリババ集団、中国検索エンジンのバイドゥを加えた10銘柄からなります。

出典 SBI

出典 大和アセットマネジメント

個人的には中国企業のバイドゥ、アリババが入っているのが気になるところですが、これだけの大企業たとチャイナリスクも大丈夫かな?

今週のポートフォリオ

今週の主な値動き

12/3(水)にダウ平均が一時節目の3万ドルを越え、12/4(木)にナスダック総合が1万2377.18と過去最高値を更新しました

ポートフォリオ

TECLが先週より9.3%プラスしました。その他の米国関連株はマイナスでが、ナスダック100はやっぱり強いですね。

J-REITは指数通り低調です。

銘柄 含み損益(週頭) 含み損益 差分
TECL 25.55% 34.85% 9.30%
iFreeレバレッジ NASDAQ100 12.17% 17.74% 5.57%
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 6.15% 9.07% 2.92%
One・Jリート -3.49% -3.04% 0.45%
NFJ-REIT 0.28% 0.72% 0.44%
iFreeレバレッジ FANG+ 0.00% 0.00% 0.00%
大和Jリート 0.00% -0.57% -0.57%
NEE -2.39% -3.05% -0.66%
ICLN 5.02% 1.70% -3.32%
PLUG 54.98% 45.73% -9.25%
平均値 8.63% 10.22% 1.58%

まとめ

今週のまとめ

  • これからもFANG+は好調であろうと期待し投資信託を購入
  • 含み益が約10.22%(前週比+1.1.58%)と好調

好調に投資出来ていると思いますが、本当にキャッシュポジションを高めておかないとまずいですね。。。

今のうちにJ-REITを買い増ししたいところですが(笑)

 

ご拝読頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA