米国ETFの難しさ

こんにちは、おむすびです。

米国大統領選で米国ETFの買い増しを行いましたがなかなか上手く行きませんでした。

狼狽買いもありますが、リアルタイム取引をするには米国市場が開いている時間に起きてないといけません。

当日の動きがわからない

当たり前のことですが、アメリカ市場が開いている時間にリアルタイム取引をしないと、値動きや流れがわかりません。これはかなりハードルが高いと感じました。

どうすれば後悔せずに買い付けが出来るのでしょうか?

指値注文

前日のチャートから値動きを予想し、指値を入れましたが低すぎて買い付けできず、高値で買い付けしてしますことが多々ありました。

一番良いのは起きておくことでしょうが、翌日も仕事があるので不可能です。

成り行き注文

成り行きで思わぬ高値になってしまうと後悔しかなかったので、成り行き注文はしていませんでした。MACDのゴールデンクロス付近で成り行き注文するとタイミング的には合うのかもしれません。指値で買えなかったので。

今後どうしても指値は難しいと判断した場合や、どうしても買いたい場合は成り行き注文をしようと思います。下手に指値をいれて高値で買うよりかはマシではないでしょうか。

本当に買いたいのか考える

この金額になったら買おうと考えている場合は指値を入れて待っておけば買えます。期間も指定できるのでただその期間まで待つだけで良いです。

このタイミングで本当に欲しいのか、一度冷静になて考えることも大事なのかと思います。

買って後悔、買わずに後悔どちらが後々マシなのか?よく考えましょう。

ただひたすら起きておく

起きて市場を注視する。無理してでも起きておく、これが出来るのが一番でしょう。起きて市場の見極めが出来ると、自分の欲しいタイミングで買い付けが行なえます。

ただ本当に起きておく価値があるのか良く考えましょう。

まとめ

米国ETFをリアルタイムで買い付けるには、アメリカ市場が開いている時間に起きておくしかありません。リアルタイム取引をしないと、その日の値動きや流れがわかりません。

指値注文で欲しい金額になるまで待つ。本当に買い付けたい場合は、成り行き注文で確実に買い付ける。

本当にこのタイミングで買い付ける必要があるのかよく考える。

ひたすら起きてリアルタイム注文する価値があるのかも考えましょう。

買って後悔、買わずに後悔どちらが後悔しますか?

私は買えなかった時も、高値掴みした時もありますが、今の所どちらもそれほど後悔していません。

 

 

ご拝読頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA