下落時の買い増しはありなのか?

こんにちは、おむすびです。

米国大統領選前で、保有株の株価が絶賛下落中です。

下落時こそ平均購入価格を下げるためにも、買い増しの機会ですよね!?

個別銘柄の場合

買い増さずに様子見?

インデックス投資のように、長期的に見ても右肩上がりの相場ではあるかわかりません。

買い増しても更に下落する可能性もあります。何が下落要因なのか、どうすれば回復傾向になるのか慎重に判断しないといけません。業績悪化なのかそもそも割高だったのか、その他の要因なのか。

最悪損切りの判断も必要です。含み損が膨らみ目も当てられない状況になっては遅いですし。

ネットで調べたらほぼ「ナンピン買いはするな」となっていますね。

さっさと別銘柄を購入するほうがリカバリー出来るらしいです。でも、リカバリー出来る銘柄を探し出せるのか自信がない!

しかし、もとから手堅い株を購入している人であれば、買い増しする機会かと思います。

好調だった株をバイ・アンド・ホールドするには絶好の相場かもしれませんね。もとから高値と言われていた価格が標準価格以下になっている場合も狙い目かもしれません。

買い増すより、やはり買いなのか?

インデックス投資の場合

買い増す機会と捉える

私の場合はインデックス投資は定期購入しているので、ドルコスト平均法で賄える気がするので、買い増す必要が無さそうです。

買い増すにしても米国のS&P500やナスダック100などは、右肩上がりが続いているのでこれからも上昇が期待出来そうです。現に新型コロナの影響で暴落していましたが、回復しています

暴落した場合は買い増す機会だと考えています

が、今年のNISA枠が無いのでどうするべきか。。。これはまた別問題です。

まとめ

個別銘柄で下落した場合は、損切りして別銘柄に変更するほうがリカバリーが早そうです。

ただし別銘柄を購入してリカバリー出来るかは不明です。

インデックス投資で下落した場合は、買い増しは有効と判断出来そうです

今後も必ず右肩上がりの相場とは限りません、買い増し、バイ・アンド・ホールドは自分の判断で行いましょう。

 

何れにせよ、定期買い付け以外の購入は米国大統領選が終わるまではしばらく様子見でしょうかね。

それにしても値下がりがひどい。。。全銘柄マイナスです。

 

ご拝読頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA