インカムゲインとキャピタルゲインについて

こんにちは、おむすびです。

投資から得られる利益は、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2つに分けられます

自分の投資スタイルに合わせて、理解し選んでいく必要があります。

インカムゲインとは

資産を保持している間、継続的に得られる利益のことをいいます。

株式投資の場合、保有している銘柄の「配当金」や「株主優待」などがインカムゲインとなります。

メリット

保有しているだけで、定期的に利益が発生します。

例えば高利回りTOPのソフトバンク株であれば、保有している株価の約7.49%の配当金が受け取れます。

デメリット

利益を得るためには保有し続ける必要があります

キャピタルゲインに比べて、1回に得られる利益は少ないです。

業績悪化から減配(配当金が減ること)や無配(配当がなくなること)になることもあります。

キャピタルゲインとは

資産を売却することで得られる利益のことをいいます。

株式投資の場合、保有している株価格が値上がりすることによって売却時に得られる収益のことをいいます。

メリット

場合によっては数倍〜10倍以上の大きな利益が期待できます。

例えば任天堂株は、ポケモンGOのヒットで高値をつけたことが記憶に新しいです。

デメリット

利益が発生するかはわからない。株価が値上がりすれば利益が発生しますが、値下がりすると損失になります

インカムゲインとは異なり、売却するまで利益を得ることができません

まとめ

インカムゲインは保有すすことで定期的に発生する利益のことです。

キャピタルゲインは売却時にはじめて得られる利益のことです。

どちらも資産価値の変動リスクがあるので、購入時より株価が下がっていればインカムゲインとキャピタルゲインを合わせても損失になるリスクがあります。

それぞれ違う利益の特徴なので、自分の投資スタイルに合わせて選んでいく必要があります

 

ご拝読頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA