高配当ETFについて考える(国内編)

  • こんにちは、おむすびです。

インデックスへの投資は、利益確定するまで額面上の数値でひたすら我慢する投資方法です。額面上はプラスが記録されていてもイマイチ儲かってるな〜といった実感が湧きません。

株式投資した結果、少しでも生活にプラスを感じたい。。。

そんな切実な思いから前回米国の高配当ETF調べたのですが、高利回りだけど為替リスクもあるし何か手間も掛かるので面倒。。。国内はどうなの?

というわけで今回は国内編です。

高配当ETF 高利回りTOP5

TOP3はハイリスク?

上位3つは新興国債券、アジアリート、ハイイールド社債となっています。どれもリスクが高そうですね。

ハイイールド債は高利回りで信用格付が低い債券のことで、ジャンク債と呼ばれるものとほぼ同じです

以下、銘柄と配当利回り

1.上場インデックスファンド新興国債券 5.51%

2.上場インデックスファンドアジアリート 4.58%

3.iシェアーズ 米ドル建ハイイールド社債ETF(H有) 4.54%

4.MAXIS 高利回りJリート上場投信 4.38%

5.NEXT FUNDS 日経平均高配当株50 4.25%

注意点

高利回りな商品はそれなりの理由がある

ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンの法則です。コロナ禍で新興国やアジアへの投資はリスク許容度を超えていると感じます。

個人的にハイイールド社債はそもそも投機目的になるので投資対象外です。

自分のリスク許容度に応じた投資を心がけましょう

まとめ

高利回りにはそれなりのリスクがあることを再確認出来ました。

TOP3はハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンの法則がモロに出たと思います。

リスク許容度を上回る投資は避けるべきと考えます。

どうしても高い配当金が欲しい、配当金がないと投資する意味がないという方には向いているのかもしれませんが、投資は自己責任で行いましょう。

配当金でちょっと得した気分を味わいたいだけなのでそこそこのリスク・そこそこのリターンの商品を狙って購入しようかと思いました。

とりあえずは毎月5千円の配当金を目標にして投資額を増やして行きたいです。現在得ている配当金のおよそ3倍、ガンダムで例えるならシャアザクです。投資初心者なのでボールに乗っているつもりです、目の前にシャアザクが来たらちびってしまうレベルですよねぇ~(笑)

 

ご拝読頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA