【投資初心者】何からはじめれば良いか分からない方へ

こんにちは、おむすびです。

投資初心者は何から始めれば良いのか分からない事だらけです。

私も初心者なので色々迷いながら始めました。大きく分けて2つの始め方があります。

どちらも国が後押しする制度です。

・iDeCo(イデコ)

・NISA(ニーサ)

それぞれ何が違うのか、ざっくり説明いたします。

iDeCo(イデコ)確定拠出年金

老後資金を蓄えるための手段として国が設けた制度です

年間限度額の範囲内(拠出枠内)で加入者自身が決まった額を月々積み立てて、その資金を自分で運用しながら老後の備え(資産形成)をします。

自分で始める個人年金です

ベースとなる公的年金に上乗せする私的年金です。

節税対策になる

iDeCoの掛金は全額が所得控除の対象になります。

月々5000円からはじめられる

投資はちょっと怖いと感じられる方もいると思いますが、月々5000円からはじめられますので少額から試したい方にもおすすめです。

運営管理機関が選んだ35本の商品から選択します。

注意

「年金」の枠組みなので、原則60歳以降でないと引き出せません

NISA(ニーサ)

NISA(ニーサ)とは、正式には「少額投資非課税制度」といいます。

投資で得た利益が非課税になります。

毎年決まった非課税投資枠が設定され、上場株式や投資信託の配当金(分配金)や値上がり益が非課税になる国の制度です。

通常、配当金(分配金)や値上がり益に対して約20%の税金がかかります

投資目的などに合わせて、「一般NISA」か「つみたてNISA」のどちらかを選べます。

一般NISA

毎年120万円までの投資枠で得た収益が最長で5年間非課税になります。

上場株式投資信託ETFREITなどへ通常の投資と同じように自由に投資することが出来ます。

つみたてNISA

毎年40万円までの投資枠で得た収益が最長で20年間非課税になります。

投資信託に自動積立機能を利用して投資します。

毎年の投資枠は一般NISAより少ないですが、20年間という長期投資が出来るのが特徴です。

注意点

一般NISAもつみたてNISAも、投資枠の再利用・翌年以降への持ちこしはできません

20万円分の枠を使用した場合、売却しても20万円の枠は消費されたままです。また、投資枠の上限を下回った場合でも、来年の枠に加算されません。

まとめ

iDeCo(イデコ)

iDeCo:個人型確定拠出年金は老後資金を蓄えるための制度です。

NISA(ニーサ)

投資で得た利益が非課税になります。一般NISAは5年積立積立NISAは20年が非課税期間です

一般NSAは通常の投資と同じように自由に投資することが出来ますが、つみたてNISAは投資信託に自動積立機能を利用して投資します

投資は元本割れの可能性があります

投資は必ずプラスリターンを得られるものではありません、自分の判断で投資を始めましょう。

 

ご拝読頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA