投資対象について考える

こんちには、おむすびです

10年後セミリタイア生活をおくるには、何に投資すれば良いのか?

50歳を目標にした場合に必要なリターンは25%となりましたが、近い値を出す投資信託商品はあるのでしょうか?

インデックスファンドの10年平均リターン上位5件

1位 バンガード・米国情報技術セクターETF (VGT) +25.2%

2位 パワーシェアーズ QQQ (QQQ) +25%

3位 NEXT FUNDS NASDAQ-100 連動型上場投信 (1545) +24.4%

4位 テクノロジー・セレクト・セクター SPDR ファンド (XLK) +24.4%

5位 iシェアーズ グローバル・テクノロジー ETF (IXN) +22.6%

 

2位のQQQについては、NASDAQ100に連動する投資成果を出すよう設計・運用されているETFです。

ナスダック100指数は、ナスダックに上場する、金融銘柄を除く、時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数です。

3位の商品は間接的にQQQを保有できる、国内投資信託になっています。

見事に全てテクノロジー関連の商品となっています。

S&P500の10年平均トータルリターン

SPDR S&P500 ETF (SPY) +14.5%

バンガード・S&P 500 ETF (VOO) +13.7%

iシェアーズ・S&P500 ETF(IVV) +13.7%

 

S&P 500は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数です。

アメリカ全体といった感じのイメージです。

まとめ

S&P500よりもテクノロジー関連を買うほうがリターンが大きくなるようです。今後もアップルやフェイスブックといった企業が出てくることを期待し、テクノロジーは伸び続けると思えるなら購入するのも有りですね。

テクノロジー関連よりアメリカ全土の成長を期待するなら、S&P500を選ぶのが良さそうです。

 

ご拝読頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA